MLMは女性が在宅で自立する唯一の方法☆
*

MLM(Multi-level marketing)とは

ネットワークビジネス(MLM)は、アメリカで第二次世界大戦後に広く一般的化し、日本には1960年代に上陸したビジネス形態です。

当初から、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)と呼ばれていました。
日本でもネットワークビジネスをMLMと言ったりしますね。

ただ、マルチレベルマーケティングのマルチが、マルチ商法とのマルチと重なる為、あまり積極的には使われません。

起源は、1934年創業のアメリカ、カリフォルニアビタミン社が、MLMでの流通形態をとったのが始まりだといいます。

このビジネスモデルは、アメリカではハーバードや UCLAを はじめとする多くの大学で ベンチャービジネスの ひとつとして講義に組み込まれており、大学院でも産学共同で 専門的に研究されているのですよ
日本でも最近、慶応、一橋、早稲田、國學院、同志社などの大学で、このビジネスモデルに 関しての講義が組み込まれるようになってきました。

ネットワークビジネスの流通システム


ネットワークビジネスの流通システムの特徴は、メーカーから直接消費者へ流通させる点です。
問屋や卸を通さず、メーカーから直接消費者に、商品を流通させる仕組みです。

そして製品を流通させた人に対して、製品の流通量に応じた報酬を支払うシステムがネットワークビジネスです。

ネットワークビジネスの特徴


ネットワークビジネスの特徴は、会社が広告するのではなく、商品の消費者自らが、口コミによる宣伝活動を行い、商品の流通を拡大させていきます。

商品の愛用者が同時に宣伝活動を行うところに、ネットワークビジネスの最大の特徴があるといって良いでしょう。

ネットワークビジネスのメリット


・従業員が不要である
・勤務時間が自由に裁量できる
・初期投資が小額ですむ
・活動地域に制限がない
・収益は無限大
・不況に強い
・在庫が不要
・買掛金、売掛金がない
・一時的な報酬だけではなく、継続的な収入が期待できる


ネットワークビジネス(NB=Network Business)

訪問販売等に関する法律(1976年施行、現在は「特定商取引に関する法律」と改称)で、いわゆるマルチ商法とよばれるものが、一定の範囲で「連鎖販売取引」として法的に定義づけられ規制されることになった。その後、定義要件が拡大し、規制強化の流れで法改正が行われた。

現在、特定商取引に関する法律(特定商取引法)で、連鎖販売取引は実質禁止といってもいいほど厳格に規制されている。

特定商取引法で、以下のような条件を全て満たす販売取引が連鎖販売取引とされる。

 1.物品の販売(または役務の提供等)の事業であって
 2.再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を
 3.特定利益(紹介料や販売マージン、ボーナス等)が得られると誘引し
 4.特定負担(入会金、商品購入費、研修費等の名目で、何らかの金銭的な負担)を伴う取引(取引条件の変更を含む。)をするもの

商品流通において、代理店、問屋という形をとる場合のような、広告をする、商品を在庫するというそれぞれの役割が分離されているものと異なり、それぞれのポジションがまったく同じ、商品の広告と販売と同じポジションになるべく人を勧誘することができることで、多段階式に連鎖していくことから名づけられる。

各社システム多様である。この構造をとっていながら、問屋的な会員と商店的な会員とを区別して購入価格差異を設けている企業と、商品の購入価格が全ての人で同じ価格であるシステムである場合もある。

先に登録した者が後に登録した(又は、先に登録した者が誘引した)者の商品流通又は役務提供の成果を受けるものであり、定められた多段階式の報酬システムに基づいて商品やサービスを販売・提供する方法である。

悪徳業者(企業)の中には、個々人に対して、実質的な無限連鎖講に値する行為を行ったり、商品の性能や品質のアピールをするよりは「簡単に儲かる」といった、安易に収入になることを強調したセールストークを用いたり、(長時間にわたって)勧誘し市場価格より高額な値段の商品を販売したりする者も依然存在し、契約に際して各地の消費生活センターや国民生活センターへの問い合わせ・相談が相次いだ。ちなみに平成15年の国民生活センターへの苦情は、特定の1社(アムウェイ)への苦情が過半数であったことなどから法整備の重要性が見直され、平成16年に改正された特定商取引法では次のような規制がなされている。

 ・契約締結前や契約締結時の書面交付の義務付け
 ・広告への一定事項の表示の義務付けや誇大広告の禁止
 ・不適切な勧誘行為(不実告知、威迫困惑行為等)の禁止
 ・クーリングオフは20日間(一般の訪問販売は8日間)
 ・中途解約権の付与

ビジネスを提供する連鎖販売企業側のディストリビューター(分配者を示す言葉。販売員、販売代理店、販社などと呼称される事もある)に対する教育の欠如や違法、問題行動の黙認による倫理上の問題・法的違法性の存在や、連鎖販売全体の円滑な流通を監督する経済産業省の不十分な監視体制の下では、今後も問題視される企業が現れる可能性がある。 

ウィキペディアより抜粋



 
 
 
女性だから成功できる

 
 


↓