MLMは女性が在宅で自立する唯一の方法☆
*

ネットワークビジネスはアフィリエイトではありません!

ネットワークビジネスと聞いて、「ネットビジネス」と勘違いをしている人がいるようですが、MLMはネットビジネス(インターネットで行うビジネス)と同じではありません
インターネットで行うビジネスといえば思いつくのが”アフィリエイト”。

今日はネットワークビジネスアフィリエイトの違いを検証します。

さて、
ネットワークビジネスの特徴は、メーカーから直接消費者へ流通させる点。
問屋や卸を通さず、メーカーから直接、消費者に商品を流通させる仕組みです。

そして、ネットワークビジネスでは、製品の流通量に応じた報酬を得られるビジネスで、本来口コミの形から始まりました。

一方のアフィリエイトは、 インターネットを使った広告手法として登場しました。

スポンサー企業の製品やサービスを紹介して、商品購入されると報酬が発生する。。。
インターネット市場に限定した広告手法ですが、その仕組みはMLMと同じです。

企業側にとっては、実際に売上が出てから、広告掲載者に成功報酬を支払えばよく、売上に応じて支払い額が決まるため、極めて費用対効果の高い広告手法です。

紹介者(広告掲載者)に対して売上げに応じたマージンを支払うという仕組みは、ネットワークビジネスアフィリエイトの共通点と言えるでしょう。

アフィリエイトとは
成功報酬型広告(せいこうほうしゅうがたこうこく)、アフィリエイト・マーケティング、アフィリエイト・プログラムとは、特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体のウェブサイトに設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、生じた利益に応じて広告媒体に成功報酬を与える一連の形態をさす用語。単にアフィリエイト(Affiliate)、縮めた形でアフィリ、アフィと呼ばれることが多い。

ウィキペデイアより



ネットワークビジネスとアフィリエイトの違い

アフィリエイトで発生するマージンは、一般的には初回購入の一度限りです。

ですから、収入を上げたいと思ったら、いくつものスポンサー企業と契約をしなくてはなりません。また、常に新規開拓が必要となります。

この初回の報酬だけで終るアフィリエイトに対して、ネットワークビジネスでは、購入が続く限りエンドレスでマージンが発生します!

購入を止めない限り収入が続くので”権利収入”と呼ばれているのですね。


アフィリエイトの実態
「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集める広告企業は多いものの、2005年に一般のネットユーザー1万825人にアンケートを取った結果、アフィリエイト利用者の7割の月収は1000円以下、9割の月収は5000円以下と、子供のお小遣いにも満たないケースが多数で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイト利用者は全体の2%以下に過ぎない実態が浮き彫りになった。
なお、2008年にアフィリエイトマーケティング協会の会員を中心にした中~上級のアフィリエイト利用者126人にアンケートを取った結果、月に5万円以上の収入を得ていると回答したのは36%となっており、稼げるアフィリエイト利用者と稼げないアフィリエイト利用者が二極化しているともいえる状況である。 (ウィキペディアより)



インターネットでビジネスするなら、ネットワークビジネスに決まりですね。


 
 
 
女性だから成功できる

 
 


↓