MLMは女性が在宅で自立する唯一の方法☆
*

アメリカでネットワークビジネスが盛んになった理由

ネットワークビジネス(MLM)は、アメリカで第二次世界大戦後に広く一般的化し、日本には1960年代に上陸したビジネス形態です。当初から、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)と呼ばれていました。

MLMはアメリカ由来  そして今、MLMの本場アメリカでは、健康食品から住宅まで??
あらゆる商品がネットワークビジネス形態で流通しています。

 アメリカでは、億万長者の4割はMLMの関係者だとも言るのですよ

サラリーマン、OL、主婦はもとより、弁護士、医者、等々・・・
有能なエリート達が、こぞってネットワークビジネスに参加しています。

MLMの起源

ネットワークビジネスの起源は、1934年創業のアメリカ、カリフォルニアビタミン社が、MLMでの流通形態をとったのが始まりだといいますが・・・

MLMの歴史☆


このネットワークビジネスというビジネス形態が、アメリカで大きく伸び、また全世界に広まっていったのには2つの理由があります。

1.セールス形式からハイテクビジネスへの変身

ネットワークビジネスは口コミ販売が基本のビジネスです。

当然、昔はアメリカでも、自宅に在庫を持ちながら商品を販売していました。

そして製品代金の回収まで、メンバーが自分で行う必要がありましたし、、
MLMの報酬は、アップがダウンラインに個別に分配する必要がありました。

すべてが手作業。。大変だったでしょうね~

しかし現在ではパソコンインターネットの発達により、全て主宰会社が代行するようになりました。

つまり、
アメリカのネットワークビジネスは、昔ながらのセールス形式から、今日の近代的でハイテクなビジネスへと変貌を遂げたのです。

生産管理から売り上げの管理、報酬分配まですべての情報管理をパソコンで行うのです。間違いもありませんし、とにかくスピードが違います

全世界のダウンラインの売上も瞬時に計算します。
そして1週間後には全世界のアソシエイトにコミッションを支払います

今やMLMビジネスは、最も近代的なハイテクビジネスへと変身を遂げたのです

2.不況が生んだSOHOビジネス

90年代初頭、アメリカでは終身雇用制度が崩壊しました

そしてその後、リストラなどの激しい社会変化が起きました。
そんな環境の中、多くの人がラットレースから抜けだそうと、独立起業を求める人が急増したのです。

しかし起業には、金銭的な投資とリスクがつきまといます。
そこで、金銭的リスクの少ないSOHOビジネスに人気が集まり、この分野が急成長したのです

Inc誌の調べですが↓↓
=========================================================
勤労者の1/3の3900万人が、何らかのSOHOビジネスを持っている。
=========================================================
というデータがありますが……
最終的に多くの人が、SOHOビジネスとしてネットワークビジネスを選んだのですね。


インターネットを生かせる今こそビジネスのチャンス

アメリカは日本の20年先を走っているなどとよく言われますが、昨今の厳しい日本の経済事情を考えてみてください。

今や”自分の身は自分で守らなくてはならない時代”となりました。
本業だけでは心もとないこれからは”複業の時代”と言えるでしょう。

インターネットの時代アメリカの例からも、ネットワークビジネスは独立起業には最善の方法と言えます。

ネットワークビジネスこそ、21世紀の新しいビジネスモデルです

日本のMLM市場は始まったばかり。
またインターネットの時代も始まったばかりです。

今の時代の特性、インターネットを活用すれば、ネットワークビジネスは飛躍的に拡大していくこと、間違いありません。

ネットワークワークビジネスはまさに、これからのビジネス
あなたもその歴史の担い手になりたくはありませんか

ある調査によると、現在ネットワークビジネスに携わる日本国内人口は800万人。かつての日本を支えた建築業界の従事者500万人をはるかに超える数字です♪

 

 

 

女性だから成功できる


 


↓