MLMは女性が在宅で自立する唯一の方法☆
*
MLMは女性が在宅で自立する唯一の方法☆ > MLMコラム☆☆ > MLMで最も重要なビジネススキルを開発する

MLMで最も重要なビジネススキルを開発する

ネットワークビジネスのもつ第5の価値は、ビジネススキルを身につけることができることです。

ビジネスで最も重要なスキルは「売り込む能力」!

米国海兵隊を除隊になったロバート・キヨサキ氏は、Bクワドラントの世界に入ろうと決心し、金持ち父さんを訪ね、「どうすればいいでしょう?」「どんな訓練が必要でしょうか」と質問しました。

ロバート・キヨサキ氏そのときの答えがこれ!↓〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「ビジネスで最も重要なスキルは”売り込む能力”だ」
セールスがいちばん上手な人たちが、最もよいリーダーたちだ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もしかしたらあなたは、「セールス、売り込み」と聞いて、びっくりしているかもしれませんね。
「おかしい。。」と「」で頭がいっぱいになったかもしれません。

では、金持ち父さんのこの言葉を聞いたら、どう思われますか↓↓

「 私たちはみんな、生まれながらのセールスパーソンだ


私たちは生まれながらに、セールス能力を持っています

セールス能力とは、コミュニケーション能力のこと。人に自分の欲しい物、意思を伝え、相手と語らい、意思疎通を図る能力です。

赤ちゃんや小さい子供をみてみてください。
おなかがすいて口に入れるものがなかったら、どうするでしょうか
私たちは生まれながらにしてセールス能力を持っている

彼らは、泣き、大声を出し、「自分は●●がほしい」と主張します。そして父親が欲しいものがくれなかったら、次は母親のところへ。母親でだめだったら、今度はおじいちゃんやおばあちゃんに電話したりしますよね。

でも、この「欲しいものは何でも手に入れる」という考え方を、大人になるにつれてなくしてしまう人が多いのです

ビジネスにおいて、お客様とのコミュニケーション力自分のいいたいことを相手にうまく伝える力相手を納得させる力を学び、身につけることは必要不可欠なのです。

私たちは小さいときは知っていた、このセールス力(コミュニケーション力)を学び直さなくてはなりません。

買いたいならば、まず何かを売らなくてはなりません!

この世には「与えたものが、受け取るもの」という法則があります
同様に、何かを買いたいのならば、まずあなたは何かを売らなければなりません
売ってはじめて、買うことができるのです。

貧乏人が貧乏なのは、売り込みができないから。あるいは売るものが何もない場合であり、これは貧しい国にも、貧しい人々にも当てはまります。

才能を持った人は多くいるけれど、彼らは自分の才能を売り込むことができないし、売り込みのできない会社は、どれほど商品をそろえていてもつぶれてしまう。

つまり、大事なのは頭の良さではなくて、コミュニケーション力なのです。

成功する人は、恐怖心を克服することを学ぶ!

「でも私は、売るのが怖くてたまりません」と、若いキヨサキ氏は金持ち父さんに訴えました。(たいていのビジネスがセールスを嫌がるのは、売るのが嫌いなのではなく、断られること、拒否されることが嫌いなのです。。。)

断られることが恐怖なのです

金持ち父さん:曰く〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「ほとんどの人は、セールスをするのが怖くてたまらないんだ。たいていは断られるのが怖くてたまらない!でも自分の恐怖心を認めるどころか、『私は売り物じゃない。教育を受けたプロだ』などといって、セールスパーソンの悪口を言うんだ。」

「そういうことをする人は、たいていが人生のいくつかの面で貧しい人が多い。収入の範囲内で暮らし、バーゲンセールで買い物をし、切り詰めた生活をせざるを得ない人がほとんどだが、それは彼らが売ることを恐れているからだ。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

つまり、成功する人が学ぶべきセールススキルとは「コミュニケーション力&恐怖を克服すること」なのです。

さて、
ロバート・キヨサキ氏は金持ち父さんの助言を受けた後、まずはセールススキルを学ぶために、ゼロックス社に勤めますが…

自分の中「勝者」を引き出すこと

ゼロックスでセールスマンとしてつとめた数年間で、キヨサキ氏が得た収穫は「売り込み方」だけではありませんでした。

それは、彼が次第に、自分の恐怖心を克服するだけの自信をつけ、電話をかけたり、ドアをノックしたりできるようになったこと。断られる恐怖を克服するためにはどうしたらいいかを学んだこと。そして、自尊心を取り戻せたことだといいます。

金持ち父さんはよく、こう言ったそうです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私たちは誰でも、自分の中に金持ちと貧乏人がいる。また勝者と敗者がいる。私たちが、自分の恐怖心、疑いの気持ちや低い自己評価を勝たせるたびに、自分の中の敗者が勝つ。
セールスを学ぶことは、自分の中の勝者を引き出す方法を学ぶことでもあるんだよ。」
「世界で最も成功している人たちは、世界で一いちばん多く断られた人たちなんだよ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ネットワークビジネスの素晴らしい点の一つは、あなたが自分の恐怖心を向き合い、恐怖心に取り組み、それを克服し、自分の中の勝者を勝たせる機会を与えてくれること

そして、グループリーダー達が、あなたが学んでいる間、辛抱強くあなたにつきあってくれることだと、ロバート・キヨサキ氏は話しています。

拒絶+訂正=教育+加速

金持ち父さんのいうとおり、人生で成功したいと思ったら、あえてもっともっと、断られるようにならなければなりません。

……とはいえ、断られ続けていてばかりでは、やはり成功は難しいでしょう

あえて断られるリスクをおかさなくてはならない(挑戦し続ける)けれど、断られたら、そこから学ぶこと。間違いを直すことが大事です

失敗の数が多いほど成功は近づくそれをしめす方程式があります。
///////////////////////////////
拒絶+訂正=教育+加速
///////////////////////////////

つまり…
断られるリスクをおかせば犯すほど、受け入れられるチャンスは大きくなる。
断られることはトレーニングの始まりであり、その回数が多いほど、ビジネス成功への道は加速することを示しています。

ところで、ダイレクトメール・ビジネスでは、会社が百万通のメールを出して2%の反応があれば、たいていは大成功だと見なされるそうですね。

それは98%の人が「ノー」といったことを意味しています。
では、98%の人がメールを拒否しても成功を収めることができるって

つまり、あなたが人生でもっと成功したいと思うなら、もっともっと断られて、間違いを直すチャンスを見つければいいということです。

私が初めての見込み客様に、長いやりとりの後断られてがっかりしたときに、アップの方が言ってくださった言葉を今も覚えています。
「おめでとうございます!! 鈴木さんもこれで、成功に一歩近づきましたね

「え」とびっくりして、聞き返しましたっけ。。。

でも、ネットワークビジネスはそういう世界です

ネットワークビジネスには、あなたが失敗しても、それを責める人は誰もいません。
むしろ、もっと外に出て断られてくるようにと、アップ達はあなたを励まします

あなたがネットワークビジネスの世界で、この断られる経験を繰り返し、断られる恐怖を克服する学びを5年間費やすならば、あなたのその後の人生には、はるかに大きな成功が待っていることでしょう

少なくとも私の5年間は素晴らしいものでした
もちろん、数多くの方に出会い、また多くの方に断られましたが

MLMのリーダーは素晴らしい教師である

さて、ネットワークビジネスでのあなたの仕事は、あなたのコピーを作ること
あなたが学んだセールス(コミュニケーション)スキルを、ダウンさん達に教えていかなくてはなりません
リーダーになる
自分がセールスを学ぶだけでなく、ほかの人たちにセールスを教えることをも学ばなくてはなりません。

自分が売ることはできても、他の人にセールスを教えることができなければ、あなたのネットワークビジネスは成功しないのです。

ネットワークビジネスで成功したいなら、あなたは素晴らしい教師になる必要があります

そしてその「教え方」も学べるのが、ネットワークビジネスの素晴らしいところなのです。

リーダーシップは不可欠です


 
 
 
女性だから成功できる
 
 


↓