MLMは女性が在宅で自立する唯一の方法☆
*

ハーバライフとの出会い

私がはじめてこのMLM(ネットワークビジネス)と出会ったのは、2004年の春。
家族のため、そして自分自身の第2のビジネスステップとして選んだ自営業が傾き、夫婦の関係もぎくしゃくしていた頃でした。

その頃書いたいくつかの記事を、このブログに転載します
ハーバライフとの出会い

MLMハーバライフとの出会い

私が始めてネットワークビジネスというものに出会ったのは、あのハーバライフ社
つまり、今のビジネスは2つ目のネットワークビジネスでした。

私たち夫婦が学習塾の不振に奔走された末に、小さなアパートに移ってきたばかりのころでした。

何とか生活を立て直さなくっちゃって真剣になっていたころ、
ある懸賞系のメルマガで、ほのぼのとした一つのホームページ(HP)を見つけたんです。
(その時は、な~んもわからなかったですが^^)

「何か気になる、このHP~」と思うも、面白いことに、ネットサーフィンをするたびに、何回も目につくのです。そのサイトばかりが (第六感が騒いでいたということかもしれません。。)

自宅にいながら、パソコン1台だけで収入が可能。
長野の田舎にいながらも、こんな私にもできました〜〜

そんな調子の言葉が気になって、
引き込まれるように、ハーバライフのメーリングリストに登録していました。

でもメーリングリストに流れてくるメールはとても、ワクワクすることだらけ。
誰にでもできそうな、そんなビジネスらしいのですが、、
ビジネス内容の詳細は、週末の横浜での集会に行かないと教えてもらえないとのこと

これでは先には進めません。。(どうしましょう


最初は恐る恐るの様子見だけのメーリングリスト登録だった私ですが、どうしても気になって仕方がないのです。

自宅を売却することにしても、学習塾の不振にしても、それはそれは、夫婦のもめごとの原因です。精神的なストレスも一杯の時期でしたから、 実際にその状況を打開するには、「ネットビジネスで成功して、自分の力で稼いで家を出て行くこともあり」とも考えておりました。それくらい真剣でした。

とはいえパソコンのソフトは扱えても、インターネットに疎い素人。
そのHPの上にある小さな緑の葉っぱのバナーの意味もわからずに、検索という言葉 も知らずに、主人の目を盗んで横浜まで行きました。

1人で県外に出たこともないこの田舎のおばさんがです。今考えると、すごい 女は度胸です

何回も迷いそうになりながら、心臓バクバクになりながら、やっと会場行きのバスに乗り込み、大音量の音楽と、訳のわからない演説と拍手の中

とにかく「すごい!あんな人のようになりたい」その一心で緊張の中に過ごした4時間あまり。せっかく持っていった軽食も口にせずに、一生懸命メモを取りました。

帰りの新幹線では、座る場所もなくて。。。思考回路が働かない中、貧血を起こしながらも、入会を決意していましたね~。。

帰宅するや否や、会場で最後に言われたとおりに、パソコンに届いていたメールにあったURLから入会

とにかく、【今の状況に負けたくない。 このままじゃ嫌だ!自分の力で這い上がってやる】という女の意地だけですよね。(笑)

意地で入ったハーバライフ、ネットワークビジネスの世界でした。


 
 
 
女性だから成功できる
 
 


↓