MLMは女性が在宅で自立する唯一の方法☆
*
MLMは女性が在宅で自立する唯一の方法☆ > MLMコラム☆☆ > ハーバライフや〜めた! > 私がハーバライフを辞めた理由(経費の話)

私がハーバライフを辞めた理由(経費の話)

私がハーバライフのビジネスに出会ったのは2004年の春。

今思えば、 「え、ハーバライフなの~」とかなるのでしょうが、知らないってことはまた、すっごいことだと思います。

それにこの私、意地っ張りですから人にいろいろ言われたりすると、必ず反発心が沸きあがっちゃうんです。特に身内にいわれると……。

痛い目を見ないとわからないっていうのはこのことかな
ハーバライフのビジネスには、2年半以上かかわり、心血を注いできました。
でも続けることができなかった。。。

今日から、私がハーバライフビジネスを続けることができなかった理由を書いてみますね。

経費がかかりすぎたのです

経費の話(ハーバライフは経費がかかりすぎでした)

同じネットワークビジネスにも2種類があるんです。
(私もつい最近、今のビジネスを始めて知ったことですが・・・)

ハーバライフ系のビジネスは【販売系ネットワークビジネス】です。販売系では、会員は登録と同時に会社の製品を販売する権利がもらえます。会員は、会社から自分で製品を仕入れて、小売をします

小売した代金-仕入れた代金=自分の収入となるのですね。

その上、在庫購入をするときにもその経費がビジネスランクによって違います。
つまり、あるランク(SV)にならないと、差額収入レベルが最高額(50%)にならないのです。より多くの差額収入を得るために、SV(スーパバイザー)というビジネスランクになるために、60万円の初期購入が必要でした・・・。

始めからビジネスにスパートをかけたかったら60万円で在庫を持ち、SVの資格を買うことをはじめに勧められるのです。

もちろんネットワークビジネスですから、製品を売ることだけでは、継続収入にはなりません。

高額で仕入れた在庫の商品を売ることが出来たとしても、売り続ける(製品を愛用し続けるビジネスメンバー)を集めることが出来なければ、ビジネスは成り立ちません。ネットワークビジネスで一番おいしいのは、組織の売り上げからの継続収入ですから

組織作りのために、対面での勧誘が苦手な私が選んだパソコンによるリクルート
有料宣伝ではかなり高額な宣伝先を使いました。また、お仲間メンバーが多すぎて、宣伝先のメルマガ探しも簡単じゃない

経費かかりすぎでした。。正直に言いますね。セミナーで、「今月は20万いただきました~」といっている方の宣伝費は、もしかしたら20万以上掛かっているかもしれませんよ

またビジネスには、2年後(その後は1年ごと)の更新がありました。入会して2年後の1月末までに自分の組織の売り上げが60万以上にならないと、もういちど自費で60万の購入をしなくてはならなかったんです。

がんばってきましたよ~~。それなりに。 でも2度までローンは組めませんでしたし、高額な宣伝費はもう、捻出できませんでした。。


 
 
女性だから成功できる
 
 


↓