MLMは女性が在宅で自立する唯一の方法☆
*
MLMは女性が在宅で自立する唯一の方法☆ > MLMコラム☆☆ > ハーバライフや〜めた! > 私がハーバライフを辞めた理由(グループのサポート)

私がハーバライフを辞めた理由(グループのサポート)

しばらく、ハーバライフビジネス時代の失敗原因を思い出しながら書き綴っています。が……そろそろ、終わりに近づきました

ビジネスサポートとアップの存在

ビジネスのサポート体制って、ネット初心者・パソコン初心者にとっては確かに気になることですね。私のところにも、ビジネスを検討している方々のお問い合わせの内容によく出てくることばです。

ビジネスサポートはどうあるべき?

先日も書きましたが、ハーバライフには、組織全体での教育システムがありました。セミナーという形での、集団魔術?(洗脳という人もいますね)による教育です。
それがあるから、「初心者でも、副業としてもできますよ」というのがふれこみでしたね。

でも今更ながら考えると、あれは「リクルート(新人さん集客)」のためのシステム。
いわば集団ABCの一環だったように思います。
仲間内では『オポチュニティーミーティング』と呼んでいましたから

ビジネスに、、、というか。
権利収入や自宅で副収入を得ることに興味を持つ人を見つけて、その場に連れてくれば、グループの力でその気にさせて、入会させてくれるシステムです。

だからそこに、個人的なサポートは必要ないのです。
組織の(グループの)やり方に従えばうまく行く
⇒ そのグループシステムの使い方を教えるのが、アップのサポートだったのかもしれません。

やり方にそむくものは・・・・的なゆき過ぎた指導もあったようですよ。。。(半分は聞いた内容も入っていますが。。)

私の紹介者(長野のお姉さん)は、よい方でしたよ~。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA無料の掲示板に書き込みばかりしていたころ、スッゴク大きな失敗をしたことがありました。

でも、泣きそうになりながら、夜遅くに電話したのに
「大丈夫よ」って助けてもらったことがありました。。
(うれしかった〜

でも、ハーバライフでは、徹底していたことがありましたね。「仲間はビジネスのやり方は教えるけど、パソコンの扱いとか基本的な宣伝先とかは、自分で探して、勉強しなさい
という感じです。

ま、「技術は見て、聞いて盗め!」です。
でも、これって当たり前かもしれませんね^^


昔から、教師だって、医者だって、美容師だって、、み~んな先輩を見て、技術は盗んで覚えますものね。つまり、ビジネスは「まねから始まる=いわば職人さんの世界」なのです。

ですから私は、技術的なことのサポート体制には、そんなに不満は余りありませんでしたね。パソコン操作にしても、宣伝手法にしても、大変だったけれど、それは自分でやらなくちゃならないって事はしっかりとわかっていましたから

また、自分で苦労して覚えた技術や知識は、喜びの積み重ねになりますから (財産になるのです)

私がハーバライフの活動を辞めた決定的な原因は=優しかった紹介者の言動が、上ばかりに向いていたことがわかったからですね。

つまり、ハーバライフビジネスには、収入システム的にも、教育システム的にも、アップとダウンとの個人対個人の温かいお付き合いはあまり必要なかったし、本当の人間関係がないんじゃないかって、思ったんです。

表面上は明るくって、輝いている世界のように見えるけれど、結局メンバーはお互いにライバルでしかない。そんな孤独に耐えられなくなったっていうかしら
(本業に失敗し、物事を否定的にばかり見ていた私の甘えかもしれませんが、、)

ある時、私のメーラーに紛れ込んだあるメール
そのメールについて質問したことに、紹介者は答えを返してくれなかったんです。

「プーままさん、アップの●●さんに聞いてみるから、後でお答えするから待っててね。」でも、いつまで待っても返答が来なかったんです

紹介者が悪いんじゃないんです。そういう組織だったんだと思います。

 
 
 
女性だから成功できる
 
 


↓