MLMは女性が在宅で自立する唯一の方法☆
*
MLMは女性が在宅で自立する唯一の方法☆ > MLMコラム☆☆ > ハーバライフや〜めた! > ハーバライフや〜めた(目的にぴったりのMLM選び)

ハーバライフや〜めた(目的にぴったりのMLM選び)

思い起こせば、ネットワークビジネス(MLM)の「ネ」の字も知らずに、とにかく、今の自分の現状を変えたいと願うばかり。無我夢中でインターネット検索をしまくっていたのは10年前のこと

その当時の私たち家族にとって、早急の問題は「お金」だったわけで、

家族の生活費、子供達の学費、主婦として、母としての自分と大切な家族のためのお金

当時の私は、崩れかけていた「家族」を壊さず、さらに再建するためのビジネス探しをしていたのです。

家族のためのビジネス探しでした

でもこの世はおもしろいもので、「流れ」や「動き」を作り出さねば、待っているだけでは何事も変わりません

お金に来て欲しかったら、まずは自分の持っているお金をさし出して、新たなお金が入ってくる場所をつくる&「入る→出て行く」という流れを作らなくてはなりません。

何かが欲しかったら、何かを差し出す
“差し出し続ける=動き続ける”ことではじめて、小さな流れが大きな川のような流れに育っていくのだということ。

そしてその流れは、人任せではなく、自分の力で作り上げなくてはならないことを、いろんな意味で学んだのが、私の1年半のハーバライフ時代だった。
……今はそう思っています。

自宅にパソコンがあって、ちょっと使えるからって
パソコンの使い方や、インターネットの世界でのパソコンの利用法は本当に多岐にわたります。甘いもんじゃない

ネットワークビジネスはMyビジネスです」とは、私がよくここで言う言葉ですが、その本当の厳しさと、おもしろさを知ることができたのは、本当にラッキーなことだったと思います。

ハーバライフでの1年半は、私のネットMLM人生にとって欠くことのできない学びの一期間でした。

が、現実的にハーバライフビジネスを続けることはできなかったわけですし、もしまた、金銭的に続けることが可能だったとしても、あそこにいては、私は自分の欲しかったものは手に入らなかったと、今でははっきりとわかります。


私がハーバライフを辞めたわけ(まとめ)

1. 金銭的に続かなかった&販売系のビジネスは私には似合わない!

2.ビジネスノウハウ学習のためのセミナーのあり方に疑問符!?

3. パソコンでできるビジネスという触れ込みだったけれど、それは詭弁だった。

集客を口コミで行おうと、パソコンで行おうと、それは可能ですが、ハーバライフではオフライン(口コミ)での活動を主に考えてビジネスを進めています。

収入の一つと考えられる小売りは、インターネットではできません

また、大阪の全国セミナーに出席できなければ、結局レベルアップは不可能だし、ハーバライフではインターネットスキルは学べないとわかりました。..

で、一番のわけは↓↓
4. 報酬的にも、ビジネス手法的にも、ハーバライフビジネスは中央集権的である

4番のことは、ちょっと説明しづらいのですがニュアンス的にわかっていただけるでしょうか?

10年前に私が所属したグループリーダーは、佐賀県出身のご夫婦でしたが、その当時、月収が700万円とおっしゃってました。
私が活動を停止した2年後には、月収1000万円をこえたとおっしゃってましたが、、、

そう、早く活動を開始した方が、ビジネス展開には有利な報酬プランだったのです。

もちろん、リーダーのBさんは素晴らしい方で、精力的にグループを盛り上げ、仲間を導いていらっしゃいましたし、メンバーはBさんにようになりたいと願っていました。

Bさんは、グループのスーパースターであり、Bさんやリーダーの言うことは絶対という組織でした。

意地っ張りでわがままな私ですから、そのような体制が性に合わないのは当たり前なのですが…

つまり私が欲しかったのは「自分の足で立つ自信=自分の力で稼ぐ力」でしたし、後からビジネスを始める立場のメンバーでも、自分の努力次第で結果を得られる。自分の努力が実を結ぶ。そんな報酬プランであり、

アップ&ダウン、仲間同士が同じ目線で活動し、情報交換をし合い、お互いに切磋琢磨し合う。 「ライバルだけど仲間である」。そんな一人一人を大切にし、横のつながりのあるグループで活動したかったということです

今のビジネスとの出会い

ハーバライフを辞めてから1年半ほど、私はアフィリエイトや情報商材の世界をちょっとかじっていました。

でもその世界も、つめたい
人とは名ばかりの、冷たい機械のような関係しかなくて…

2006年の夏。
かつてハーバライフ時代に知り合って、その後もスカイプで話すようになっていた友人のSさんの呼びかけで、今のビジネスを知りました。

Sさん曰く、
「鈴木さんが一番やりたかった、パソコン仕事ができるわよ。」
「グループは本当にアットホームで、一人一人を大切にしているのが自慢なの

本当の仲間がいます
私はイチもニもなく、資料を請求し、Sさんの元で今のビジネスを始めたわけです。

失敗というものはこの世には存在しないと言います。
人生80年のうちの、ほんの数年を…

あなたが今悩んだり苦しんでいるとしたら、それはあなたが一番必要なものを手に入れるために必要な、新たなステップに踏み出すためのシグナルかもしれません。

私が一番欲しいもの=人との絆=自分の足で立つ自信!
インターネットの世界で、自分が一番欲しいものを求めて今、私は3つめのビジネスに取り組んでいます。

そしてこの春(3月)から、新たな手法、新たな目的に向けて足を踏み出します。

Own-your life!


 
 
 
女性だから成功できる
 
 


↓