MLMは女性が在宅で自立する唯一の方法☆
*

人生80年以上、夫や子供に頼らない生き方を

大不況の中、絶えずリストラの恐怖を感じているのは男性の方ですよね。

常識的に考えれば、ストレスは男性の方に多くかかっていると思われます。

ところが実際、ストレスはいま女性の方が上回っているのです。

平成14年度の「国民生活基礎調査」では、25歳~34歳、35歳~44歳の両層で、ストレスを感じている人の割合は、女性の方が男性を上回っています。
女性はこの時期、ちょうど子育ての最盛期であり、それゆえ、専業主婦に専念している時期に当たります。

ではなぜ、専業主婦にストレスが集中しているのか
ひとつは専業主婦の価値が下落してしまったことがあげられるでしょう。

専業主婦という言葉は戦後生まれの言葉です。電化製品の普及で火事が楽になって、暇にもお金にも恵まれた主婦が1970年代から現れました。

しかし、女性が高学歴になって、働く場や職種もどんどん増えて、積極的に社会進出を図るようになると、夫の収入だけを頼りに家にいる主婦は、何となく白い目で見られるようになりました。

そうしたさ中に1986年の「男女雇用機会均等法」。
つまり、女性も男性と同じように働くのが当たり前の世の中になりました。

そうすると、働かない主婦の立場は、ますます肩身の狭いものに
でもこの流れはどこかで間違っていたと思うのです。

本来ならば、「家事労働など主婦の仕事を、男性の労働並みに評価する」方向にしなくければならなかった でも今更いっても仕方ありません。。。

世の中の間違った流れに迎合することなく、家庭を守るという主婦の立派な仕事を守りつつ、しかも夫や子供の頼らない生き方を、これから、構築していかなければならないのです。

でも、ネットワークビジネスならば、大切な家族との時間を大切にしつつ、自分の空いた時間をビジネスにあてることができます。
自宅でのビジネスならば、様々な人の生き様や、いろいろな人生模様を肌で感じ、広い交友関係を持つことができます。

家に居ながら社会進出ができ、その中で新たな自信と生きがいを感じることができる。それがネットワークビジネスなのです。

どんなに手塩をかけた子どもも、やがて自立して親元から巣立っていきます。
どんなに愛し合った仲良し夫婦でも、いつかは永遠の別れの時が来ます。。。

人生80年以上。
そうなったとき、1人残されたあなたはどう生きていきますか

女性の潜在能力(主婦力)をビジネスに生かすには・・・


 
 
 
女性だから成功できる




↓